埼玉でインテリアコーディネーターが新築・リフォームのインテリアコーディネート、オーダーカーテンのご提案するアトリエワイズ

インテリアコーディネーターがお部屋をご提案アトリエワイズ

Wellcome to our website.I Will look for while enjoying the space where feelomgs are good for you.

CONTACT

コーディネーターのお仕事

index01index02index03

インテリアコーディネーターって、何をしてくれるの?

How to live  | 心地良い住まい方を、見つけてみませんか?

インテリアコーディネーターって、普段、あまり関わることって少ないですよね?
ここで、コーディネーターのお仕事を、少しお伝えしたいと思います。
住まいのインテリアは、例えば私がこんな空間がおしゃれって思ってみても、それだけではだめなんです。
コーディネーターはデザイナーではないので、私の好みを押し付けるようなやり方はしたくありません。お客様のお話をよく聴き、自分の中で受け止めた時に、素直にお客様にとって心地いいプランが生まれたりします。同じ場所でも住む方によって、ご提案するものが全く違ってくるのです。お客様の生活スタイルや価値観、家族構成と関わり方、生活動線、ご趣味や楽しみ、などなど、お話したことを心に受け止めて、インテリアを考え、ご提案してゆく。そんな、お仕事が出来れば大変嬉しく思います。

Presentation|プレゼンボードやパースでご提案する

お客様にこちらのイメージをお伝えする手段として、プレゼンボードを作成します。内容は、色彩計画、内装の仕上げ、家具、ファブリック、照明器具と様々。実物のカラーサンプルやイメージ写真、パースなどを一つにまとめることで、全体のバランスもつかめます。

  • パース
  • パース
  • パース

Material  | 素材選びのお手伝い ~インテリアの下地選びで空気感を作る

下地

壁・天井
ビニールクロス・珪藻土塗り・水性ペイント・板張り・漆喰塗りなど、 インテリアのベースとなる仕上材。 アクセントで石を張ったり、タイルをデザイン貼りしたり・・・ 質感・色など、厳選するもの楽しい作業です。
機能的には、防汚性や水回りの耐水性、耐衝撃性などが求められます。
床
床は直接体に触れるもの。見た目も然ることながら感触が大切です。 また耐久性や保温性・清掃性や滑りにくさなどの、機能性も求められます。
フローリング・カーペット・タイルなど、用途・雰囲気などを考えながら、そのお部屋に最適なものをご提案します。

PAGETOP

Interior element  | インテリアを構成するアイテム達

仕様書

照明器具

そのお部屋の雰囲気のかなり重要な要素になるライティング。 蛍光灯・LED・ハロゲンやクリプトン球など、色々なランプの種類に、ライティングの手法。それを、部屋のカラーや目指している雰囲気に合わせて、プランニングします。

お部屋の図面に電気配線を書き込み、配線計画をしたり、照明器具のプレゼンボードを使って、器具のデザインや 明るさなど、分かりやすくご提案したり、現場で実際に シュミレーションしたりしながら、照明器具・スイッチ・ コンセントの位置などの最終確認をします。

カーテン写真

カーテン(ファブリック)

主に窓装飾(ウィンドートリートメント)で使われるファブリックは、その質感・色・柄・ スタイルでインテリアを彩ります。デザインや色柄だけでなく、住み手のライフスタイルに合わせた機能性も大事な要素になります。カーテン + クッション・ファブリックパネル・テーブルコーディネートやベッドスプレッドなど、シーンに合わせて、気軽に模様替えできるもの魅力ですね。

家具

家具選びは、デザイン・用途・お部屋の広さに見合っているかなど、全体のバランスを見ながら考えます。家族構成はもちろん、そのご家族の生活スタイルも重要です。来客の頻度や、収納力、生活動線など、住みやすさに直結するのも家具選びの重要な要素になります。
また体に触れることも多いので、例えばソファのクッション性や椅子の座り心地、扉の開閉など、材質感や機能性も実物に触れて確認すると良いですね。

また、オーダー家具はデザインや素材、色味など周りの家具とコーディネートしやすいだけでなく、 サイズや形も自由になるので、お部屋を無駄なく使うことができます。アトリエワイズでは既成の家具、自分仕様のオーダー家具など、場所やご意向に沿って、プランニングいたします。

PAGETOP

Drawing | 図面や仕様書などを作り、現場へ指示

お客様とお打合せで決定した仕様などを図面や仕様書にまとめて現場サイドへお渡しします。
設計・現場監督から、大工さん、電気工事・内装工事・塗装工事・家具工事・カーテン工事などの各職人さんへ、案件によっては内容も多岐にわたります。自分で描く場合もありますし、各工事担当者と打合せして施工図をおこしてもらうこともあります。
専門用語が飛び交ったり、ちょっと強面の職人さんにちょっと面倒な仕上げをお願いしたりすることも・・・ でも職人さんもプロのプライドを持っているので、妥協を許しません。
お客様の不利益にならないように良いものが出来るようにすること、その為のコミュニケーションもとても大事です。

  • スケッチ
  • 図面や仕様書
BLOGはこちら
ブログで日々のお仕事、ご紹介したいと思います!
<< こちらからどうぞ♪

PAGETOP

Copyright (C) 2010-2015 atelier Y's All Rights Reserved